事業案内

小冊子で紹介されました

越生・世界無名戦士之墓 戦後70周年/建立60周年 式典

弊社製作の「平和の鐘」を寄贈しました。

「koyo news 59号」に紹介されました

「SANKO-G製品含有化学物質管理基準」改訂

「SANKO-G製品含有化学物質管理基準」を改訂しました。お取引様はご確認をお願い致します。

SANKO-G製品含有化学物質管理基準

「グリーン調達の手引き」改訂

「グリーン調達の手引き」を改訂しました。お取引様はご確認をお願い致します。

グリーン調達の手引-Ver2

第17回機械要素技術展出展状況

第17回機械要素技術展出展状況1
第17回機械要素技術展出展状況2

展示場には多くの来場者が来られました。弊社ブースでの製品説明状況です。
 

アルミ材とZAM材の筐体製造の溶接技術

アルミ材とZAM材の筐体製造の溶接技術1
アルミ材とZAM材の筐体製造の溶接技術2

左図は、アルミ材とZAMの筐体です。非常に溶接が難しい材料ですが、当社では、簡単に溶接できます。
右図は、その溶接つなぎ面の溶接あとです。非常に綺麗な面になっています。 
 

銅帯の特殊曲げによるコストダウン

銅帯の特殊曲げによるコストダウン1
銅帯の特殊曲げによるコストダウン2

同じ銅帯の接続です。特殊曲げを製造方法を採用することで、この例では約50%の銅帯がなくなり、組み付け工数も半分になります。
是非ご検討ください。お客様の設計もお手伝い致します。 
 

精密板金設計

1.精密板金設計1
1.精密板金設計2

3次元による精密板金筐体設計からNCT(通称タレパン)、複合機(タレパン・レーザー複合機)、レーザー溶断機、プレスブレーキ(通称ベンダー)の加工プログラムを作成しています。
 NCプログラムから治具の設計、御客様の仕様書に基づく板金設計まで、幅広く製造の頭脳的な役割を果たしております。又、御客様より電子媒体にて、図面を頂ければ生産技術から現場のメインマシンには、ネットワーク接続しておりますので、御客様のCAD画面から直接弊社のマシンを動かす事も可能です。
弊社の源流工程のNCターレットパンチは、サイクルローダー、マニプレーター等を駆使して、28tの材料(12種類板厚、材質の分類可)を夜間無人運転可能です。
この指示アクションも全て、生産技術のコンピューターにより管理しております。
 

タレパン・レーザー複合加工 加工機 

2.タレパン・レーザー複合加工 加工機 1
2.タレパン・レーザー複合加工 加工機 2

規品でも極小ロットでも素早く加工データをつくり、極限まで段取りを減らし、72時間連続自動運転ができる「全自動型ソリューション」。
立体型の3次元モデルから、“速く” “正確” “高品位” な加工を実施しています。

“板金加工は、他社に負けない高品質・低価格を実現できました。”
 

レーザー加工機

3.レーザー加工 機1
3.レーザー加工 機2

レーザー加工の常識を変えました。
鉄/ステンレスはもちろん、アルミ / 真鍮 / 銅 / チタンの加工も可能です。

“レーザー加工でお困りのことがありましたら、是非ご用命ください。”
 

溶接

4.溶接加工1
4.溶接加工2

ロー付・MIG・MAG・TIG・YAG・ファイバー溶接まで、各種溶接が可能です。
溶接のことなら何なりとご用命ください。
お客様のニーズに応えることが出来る、溶接技術と溶接設備を備えています。
 

ファイバーレーザー溶接とTIG溶接との違い

5.ファイバーレーザー溶接加工とTIG溶接との違い1
5.ファイバーレーザー溶接加工とTIG溶接との違い2

ファイバーレーザー溶接は、溶接歪みが大幅に改善でき、強固な溶接が可能である。
 

板金屋が考案した驚異のバリ取り機“バートル”

6.板金屋が考案した驚異のバリ取り機“バートル”

1.大物から小物まで、様々な材質に対応
2.板金製品のバリ取り行程から、手作業を追放
3.乾式加工だから、洗浄/乾燥などの無駄な工程必要なし
4.バーリング、曲げなどの突起形状にも対応

詳しくこちら

自社製品「バートル」の動画を作成

板金屋が考案した驚異のバリ取り機“バートル”

バートル動画

バリ取り用ブラシ“ヤマアラシ”

6-2.バリ取り用ブラシ“ヤマアラシ”

1.三光産業㈱で開発した傾斜ブラシです。理想の角度を付けました。
2.バリ取り機とブラシを一体と考え開発しています。

詳しくこちら

バリ取り機“ハンドリングバートル”

6-3.バリ取り機“ハンドリングバートル”

1.どんな形状もお任せください。
2.手作業ならではの柔軟な加工性
3.手軽に使える!部分的なバリの除去
4.プレス製品の2次加工のバリ取りに最適

詳しくこちら

BCP(事業継続計画)の策定

7.BCP(事業継続計画)の策定1
7.BCP(事業継続計画)の策定2

BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)の策定により、上記のような企業の存続を危うくする可能性のある災害に対しても、被害を最小限に抑え、生産体制の早期復旧により顧客への供給責任及び雇用の継続を図り社会的責任を果たすことが可能となりました。

ここに弊社のBCPの基本方針について一部ご紹介いたします。

【三光産業株式会社 事業継続計画より抜粋】
1.目的
 ①お客様満足度の継続と向上
 ②従業員及び家族の生命の安全確保
2.目的を達成するために、有事の際の迅速な対応
 ①平素から年間計画にあらゆる災害を想定し、目標復旧時間内で生産を完了を出来る訓練を実施致します。
 ②事前に業務の優先順位付け、作業員の多能工訓練を行い有事の際にご迷惑をかけない計画を立てます。
 ③BCP策定により業務整理が出来て、効率的な復旧が更に可能となります。
(以下省略)

【弊社は、今後想定しないような災害に遭遇した場合でも、お客様に喜んでいただける製品を造り続けるための責任を果たすべく、BCPを継続的に改善することをお約束致します】
 

品質保証(ISO9001)

国際規格ISO 9001:2015品質マネジメントシステム取得企業です。
お客様のどの工程においても、お客様が楽していただきお客様が喜んでいただけるように、日夜多種多様の製品を、品質安定と向上を合言葉に生産をしています。
 

環境への取り組み(エコアクション21)

9.環境への取り組み1

21世紀環境立国戦略(平成19年6月1日閣議決定)に基づく中小企業向け環境ガイドライン“エコアクション21”認証取得企業です。
低炭素社会・自然共生社会・循環型社会による持続的に成長・発展する経済社会実現に向けて、事業活動を行っています。
弊社は、具体的に三光産業製品含有化学物質管理基準を設け、お客様がご要望する製品の環境基準を管理致します。

エコアクション21認証・登録証

三光産業株式会社 (Sanko Sangyo Co., Ltd.)

TEL:049-292-3232

FAX:049-292-3235